高齢化社会における便利屋さん需要の高まり

便利屋さんの需要・将来性

日本の高齢化は、これからますます進んでいきます。今後、ひとり暮らしのお年寄りも増加していくことでしょう。さらに生涯を未婚のまま通すという人の数も増加していきます。日本には高齢化社会という現実を直視した解決策が求められているのです。
 
現実を直視し、負担を軽減してくれる存在が便利屋さんです。便利屋の日本における市場規模は現在、1兆円にも達すると言われています。若い世代にとっても、いずれ自らに降りかかってくるこの問題。日常のさまざまな困りごとを解決してくれる誰かが必要とされています。便利屋さんの需要はこれからますます高まるでしょう。今後は便利屋が看護や介護という分野に本格的に進出していくことも十分に考えられます。「できること」「できないこと」の法整備は必要ですが、対策が急がれる中、便利屋さんへの期待はますます高まります。