高齢化社会における便利屋さん需要の高まり

高齢化社会における便利屋さん需要の高まり

便利屋さんとは
便利屋さんは、さまざまなサービスを行う業者です。なんでも屋と呼ばれることもあり、雑用的な要素の強い仕事から、家屋解体のような専門的な仕事までこなします。特に決まった資格はありませんが、業務を遂行する上で必要な資格はとる必要があります。
 
便利屋さんは、実は歴史のある職業で、その昔は「伝言」や「配達」が主な役割だったといいます。遠距離のサービスを行う便利屋さんもいて、インフラの整っていなかった大正時代まではひっぱりだこのサービスだったようです。現在とは少々形態が違うようにも見えますが、依頼者の「困ったこと」を解決するという意味では、江戸時代の昔から変わっていないと言えるでしょう。
 
便利屋さんは海外にもいる
便利屋さんは、日本にだけではなく、海外にも存在しています。海外の便利屋さんは「修理屋」とか、「日曜大工が得意な人」といったイメージがあるようです。家具の組み立てなどを気楽に頼める人といった感じでしょうか。日本にも多くのDIYを得意とするお父さんがいますが、海外の便利屋さんは、DIYの延長上にあるサービスを提供する方が多いようです。
 

日本、現在の便利屋さん需要

日本における便利屋は、社会環境の変化により、需要が増しています。一昔前は、便利屋というと「個人」で開業している方が多かったのですが、現在はより大きな規模でビジネスを展開する業者が増えてきました。
 
日本は少子高齢化社会のまっただ中にいます。この大きな社会問題は一筋縄で解決できるものではありません。今後の日本は、ますます「助け合う心」「人を思いやる心」が必要な世の中となります。10年以内に日本国民の3人に1人が高齢者になります。体は元気でも、今までできていたことが、うまくできなくなる人たちが増え続けていきます。
 
現在、便利屋さんの需要は、10年前の約10倍に膨れ上がっているとも言われています。高齢化が進むにつれ、便利屋さんの日本社会における役割は、ますます大きなものとなることに違いありません。


津山 不用品回収

津山 お掃除

真庭市 トラクター買取

真庭市 片付け

岡山 引越し

岡山 不用品回収

岡山 便利屋